トレーニングで膣引き締めしよう|効果的な方法を紹介

ウーマン

膣トレで鍛える骨盤底筋

顔を覆う人

膣トレは骨盤の底にある骨盤底筋のゆるみを解消するトレーニングです。骨盤底筋は妊娠、肥満、悪い姿勢などでゆるみます。そうすると尿漏れに繋がります。膣トレをすれば膣引き締めができて、尿漏れ予防・ダイエットにも効果的です。

膣の手術とトレーニング

お尻

出産を経て膣の緩みが気になりだしたら、膣を引き締めるトレーニングをすると効果的です。膣引き締め効果があるプチ整形や外科手術もありますが、膣圧トレーニングは手術をするようなリスクがなく、簡単にできます。

膣の緩みを病院で治す方法

下を向く女性

多くの女性は、膣の緩みについて悩んでいる人が多いですが、膣が緩んでしまうと日常に様々な困ったことが起きます。生理の場合だとタンポンが抜けやすくなり、下着を汚してしまうトラブルも珍しくありません。こういった問題を解決する目的で、日々多くの患者さんが病院で膣の引き締めに効果のある治療を受けています。

下腹部の緩みを解消する

レディ

トレーニングで改善

骨盤の下部にあって、膣や肛門の締まりに関係している筋肉を骨盤底筋群と言います。年を取ると骨盤底筋群の筋力が弱ってくるため、膣が緩みがちになるとともに、尿漏れなども起こりやすくなります。また出産によるダメージや、日頃の運動不足も筋力を弱める原因になります。重症になると子宮脱などの症状に進行する場合もあります。膣引き締めには骨盤底筋のトレーニングが効果的です。毎日短時間ずつ下腹部に力を入れ、膣を締めるように意識するだけでも、ある程度の効果が期待できます。トレーニング専用の器具も市販されていますが、膣に挿入して使うため、抵抗がある方もいるかもしれません。もっと即効性のある膣引き締め方法として、医療機関での治療が挙げられます。

クリニックでの治療

最も直接的な効果のある膣引き締め方法は、緩んだ膣壁を手術で縫い合わせる方法です。確実な効果が半永久的に続くというメリットがある反面、完全に回復するまでには1か月以上かかるので、時間的な余裕のある方にお勧めします。近年人気になっているのは、レーザーや高周波で膣壁を刺激し、皮下組織を活性化させて膣引き締めを図る方法です。手術ほど体にダメージを与えませんが、やはり回復までには1週間ほど見ておく必要があります。このほかヒアルロン酸を注入して膣を狭くする方法もあります。簡単な施術ですが効果は永久ではなく、1〜2年程度で再施術を受けるのが一般的です。予算の面も考慮に入れて、自分に合った方法を選んでください。